読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり生活

だらだらしたい、働きたくない、寝ていたいそんな僕がゆるーく更新するブログ

群れる人はつまらない

僕は基本的に群れる人が嫌いだし、つまらないと思う。

僕の指す群れるとは必要以上に他人に依存して、他人と同じことをする人たちを指す。

 

なぜ群れるとつまらないのか

何故群れる人はつまらないと感じるかと言えば、同じような考え方になってしまうからだ。

朱に交われば赤くなると言うことわざがあるように、自分の意見が白であっても、黒の意見を持つ集団に長いこと属していたらいつのまにか自分も白になってしまう。

 

群れている人はほぼ100%周りの顔色を伺いながら発言するし、そんな定形区ばっかり言う人と一緒にいてもつまらない。

その上自分の群れの外にいる人間の悪口ばかり言う人は目も当てられない。

 

 

自分の意見を、考えをもっと日本人は大事にすべきだ。

エジソンも、アインシュタインも、ビルゲイツもスティーブジョブズも自分の考え方を貫いたからあれほどの功績を残せているだと思う。

 

 

群れないメリット

①自分の長所を伸ばせる

群れることによって、相手の好きなことや興味があることに自分も時間を費やす必要がある。

そんなことしている暇があるのなら自分の好きなことに没頭したほうがよっぽど楽しい。好きなこと=長所だと僕は考えているから、楽しいし、自分のスキルを伸ばせるし他人に気を使わなくていいし最高だ。

 

 

②自分の意見を持てる

群れないということは、当たり前だが一人の時間が増える。

一人の時間が増えれば、嫌でも様々なことを考える。物事を考える中で、自分が本当にやりたいことは何なのか。自分はこれからどうなりたいのか、見つめ直すことが出来る。

周りの意見で人生を左右されるのではなく自分の足で自分の人生をあゆむことができるのだ。

 

 

③群れない人に出会える

群れの中に属さなければ、同じ様に群れに属さない人と出会える。

群れから飛び出て自分の好きなことをやっていれば、同じ様に群れから飛び出した同士と出会うことが出来る。

お互い群れから飛び出しているのだから、お互いの意見を尊重しあえる上に、自分にとって良い刺激になることだろう。

そうやって切磋琢磨できる本当の友が出来る。

 

 

これらの3点から群れない人になるべきだと思うし、僕もそれを貫きたい。

 

 

おわり!!